会社情報
代表挨拶
プレスリリース

会社名
株式会社ソリューションパートナーズ
本社
〒101-0054
東京都千代田区神田錦町3‐21
tel : 03-3518-2895
fax : 03-3518-2896
設立
2000年4月
役員
代表取締役 石垣正巳
資本金
3,000万円
事業内容
経営改善コンサルティング
人材紹介サービス
人材教育トレーニングサービス
雇用調整・再就職支援コンサルティング
幹細胞による再生医療事業
がん遺伝子検査普及活動
称号 人材紹介業許可番号:13-01-ユ-0917
サポート窓口
support@solution-p.co.jp
参加団体 東京都病院協会会員




会社情報
代表挨拶
プレスリリース

 


私たちは、M&Aを推進する強力なエンジン役です

M&Aは、通常の事業プロセスとは異なり、企業オーナーが経験したことのない
高度に専門化されたPDCAプロセスを経てゴールに向かう、いわゆるプロジェクトマネージメントです。

これを成功させるには、プロジェクトチームのエンジンとなって強力にプロジェクトを推進させる
原動力が必要で、私たちがまさにその役割を果します。

私たちは、企業の価値評価、スキーム検討、ターゲットの絞り込み、ターゲットへのコンタクト、
基本合意、買収監査、最終合意、クロージングの各プロセスで、
そのクリティカルパスを着実に通過させます。

この仕事を通して、多くのドラマに出会いました。

ある時、M&Aなど考えてもいなかった老練な会社オーナーに、思い切って株式の譲渡をお願いしました。
業界では名の知れた会社ですが、事業モデルの陳腐化による業績の停滞、相当レベルまで膨れ上がった金融債務、社内での孤立といった状況を、私なりに読み取っていたからです。

経営者は、往々にしてドラスティックな変化を受け入れられないもの。

当然怒鳴られましたが、ある日連絡があり、向き合っていただくことになりました。

PEファンドに持ち分の一部を譲渡いただく提案をし、社長は代表権のある会長として、会社を後方から牽引いただく決断をしていただきました。そして、新しい血と潤沢な資金が注がれて緊張感と新陳代謝が高まり、会社は見事に生まれ変わりました。

今は、MBOにて創業家に大政奉還するか、このままIPO(株式上場)に向かうか、検討されています。
まさに、この仕事の醍醐味ですね。

以前より、事業再編に伴うキャリア支援事業にも取り組んでいます。

若い世代には会社経営を担いたい、あるいは担える人材が多くいます。
そして金融市場には、今投資に向けられる資金が潤沢にあります。

もっとM&Aが盛んになって、皆が経営にチャレンジできる機会が増えてほしい。

そのためには、経験豊富で百戦錬磨の経営者の方々の大胆な決断と
大所高所からのサポートがもちろん不可欠なんです。

代表取締役社長 石垣正巳

 

M&Aコンサルティング

ロールアップIPO上場支援

海外M&A(エムアンドエー)支援

M&A人材支援

 

他社との違い

弊社サービスのメリット

成功事例・失敗事例

課題から解決


M&Aの歴史

会社売却・買収のメリット・デメリット

M&Aの種類

企業の評価手法

デューデリジェンスのポイント・必要書類

M&Aの一般的コスト

ファイナンシャルアドバイザリーの役割

M&Aにおける会計士・弁護士の役割

投資ファンドによるM&A

会社を高く売るには

事業再生におけるM&A

≫その他メディア情報はこちら

 
企業譲渡、事業継承、会社売却
幹細胞による再生医療査普及活動を行っております。
 

私共は他社のように着手金で収益を上げようと思いません。 あくまで着手金ゼロ。完全成果報酬としています。
この事はM&A(エムアンドエー)における会社売却、事業譲渡への本気度を示します。

背景には企業財務、法務、労務、業務、コンプライアンス等、コンサルティング全てに高い知見が求められますが、そのサービスクオリティが高い成功率を生み出し、良質なスパイラルを基盤としたM&A支援が可能です。

私共は自らを「FA Maestro」と称し、業界促進のためにサービスを提供しております。

 
 




  一部のM&Aコンサル会社では、紹介者などを通した情報収集提供活動、同時・広範囲な営業活動など、機密保守意識の低い行動をとる会社があります。これら不用意な行動は、匿名といえども、推測に基づく情報漏洩や企業価値の低下の引き金になることがあります。一例を挙げればWEB上に匿名で「売り案件/買い案件」と一覧を出す会社は注意が必要です。私共の元にはセカンドオピニオンとして依頼を受けるケースが非常に多くなっております。