企業譲渡、事業継承、会社売却

M&Aコンサルティング、事業売却、事業譲渡
  日本において、かつて企業のM&Aには、資金力のある大企業が実行する複雑で難易度の高い経営手法とのイメージがありました。 しかし、今や事業規模の大小、上場・非上場、業界・業種にとらわれず、企業の成長戦略を支える有力な手段として広く取り入れられるようになりました。また、近年、国内では、身内に後継者がいないオーナー経営者の事業承継問題が顕在化し、これを解決する手段として、M&Aによる第三者への承継が広がりつつあり、中小規模のM&A案件として多く取り扱われるようになりました。

そんな中、私達は、バブル崩壊の傷が癒えず日本経済がデフレの真只中の時期に、会社を創業し、すぐに日本を代表する数々の大手企業のリストラクチャリングプロジェクト等に関与いたしました。以降、日本のM&A市場が、商法・税法改正など法律的な枠組みが整う中で急拡大し、私達は医療機関を含め大小様々なM&Aプロジェクトに、アドバイザリーとして関わり、その結果を確実に出してきました。

私達には、これらの経験を通して構築した、M&Aの知見とノウハウ、実行力と忍耐力に優れた人材、資金の出し手となる投資家、顧客ニーズに対する明確なポリシー、そしてM&Aプロフェッショナルとしての誇りがあります。その実力を、是非実体験で確認いただければと思います。

M&A、会社売却、事業売却


M&Aコンサルティング企業譲渡、事業継承、会社売却

  私達は、企業活動の前提である「企業のゴーイングコンサーン(継続性)」を担保するために、企業の事業再編とそれに伴うM&Aプロジェクトを支援することを使命としており、それが結果的に日本経済の持続的な成長に繋がると考えています。私達自身が、例えば株式市場に上場し、経済活動の主役となって常に利益を追求し継続的な成長を目指すことを会社の理念として掲げておりません。

私達は、できるだけ多くの企業経営者からご相談をいただき私たちの使命を実践するために、着手金や中間金、またリテイナーフィー(期間ベースの定額報酬)をいただくことはありません。報酬は、プロジェクトが成功した時点でいただく、完全成功報酬型で提案させていただいています。私達は、プロジェクトを請負った以上、自身のプロジェクトとして結果を出すことだけを考えます。

M&Aを進めるには、財務会計、税務会計、会社法、労務、コンプライアンス等の知識と、これに基づいた分析力、行動力、判断力が求められますが、それが一体となり、プロジェクトを通して、有機的に提供されることで高い成功率を生み出します。成功体験により得たノウハウと知見は、成功のクオリティーと成功率を更なる高みに導くと言う良質なスパイラル(循環)となり、それがプロフェッショナルなM&Aアドバイザリーと言えるのです。
IPO上場支援コンサルティング

≫会社の買収・譲渡、承継をご検討の方、清算をご検討の方も。

エムアンドエー

M&Aにおけるアドバイザリーサービスを提供します。国内最高クラスの成功率、アドバイザリーフィーは、着手金ゼロ、完全成功報酬ベースです。企業の譲渡、買収、承継だけでなく、会社清算や廃業をご検討の方も一旦立ち止まって、お問い合わせください。

≫弊社推奨のロールアップIPOで中小企業の上場支援。

M&A

IPOを目指す中小企業に向けた上場支援を行います。具体的にはロールアップIPOを遂行。これは複数の会社が一体となることにより事業価値を最大化させ、比較的短時間でかつ単体よりも大きな創業者利得の獲得を実現できる方法をコンサルティングします。

   

海外M&A M&A人材紹介

≫グローバル企業を目指す企業向けのM&A支援。

M&A

特に、アジア圏を中心に、クロスボーダーのM&A案件にも取り組んでいます。各国の財務会計、税制、法務に精通した人員を組織して、最適なクロスボーダーM&Aのアドバイザリーサービスを提供します。

≫M&Aを機に転職を希望される方向けの支援。

M&A

M&Aにおいては、社員の継続雇用が前提となりますが、万が一転職を希望する方がいる場合のセーフティ―ネットを提供。当社は人材紹介業認可を受け、必要に応じて従業員の再雇用先探しのサポートを行います

   
 
エムアンドエー 「私には思いもよらない業界の企業に会社売却できました」
精密機械部品製造会社をIT企業に売却したオーナー経営者のケース

今回の事業売却を通して、日本にもポテンシャルの高い若い世代の経営者が多くいることがわかりました。私たち団塊の世代の経営者が、勇気をもって次の世代に事業を譲ることの意義を改めて感じた次第です。今後は、彼らの後ろから経営のフォローをさせていただき、社会貢献できればと思っています。
 

M&Aコンサルティング、会社売却、事業売却 「専門分野に対する理解力がすごい」
ニッチな精密部品メーカーを売却したオーナー経営者のケース

当社の製品は、細かな特許もあり日本でのシェアも推定80%と高いですが、目立たない消耗部品ですので、取引先の大手企業でも一部の技術者の方しかその価値を理解いただいていない場合が多いです。これを短時間で深く勉強いただき、なるほどと思う会社も含めて的確にターゲット企業のリストアップをしていただいたと思います。その理解力といいますか、徹底した探究心には頭が下がりました。
 

M&Aコンサルティング、会社売却、事業売却 「ソリューションパートナーズにお願いして本当に良かった」
IT企業を飲食グループに売却したオーナー経営者のケース

伺っていた通り、デューデリジェンスから決済までが、本当に大変な毎日でした。ソリューションパートナーズのサポートがなければ、精神的に乗り切れなかったかもしれません。もともと、私が高い条件設定をしたのもその要因ではありますが、最後まで私の希望を尊重いただいて感謝しています。御社の粘り強い対応がなければ、途中でディールをあきらめていたかもしれません。お願いして本当に良かったです。
 





M&Aコンサルティング事例
 
成果報酬、資本戦略
(ライジング法律事務所)
私的整理案件を中心に、スポンサー企業の探索と交渉等の協力をお願いしています。対象会社の事業モデルと、直面している課題をきっちり分析し、何よりもスピード力をもってプロジェクトを推し進める力には卓越したものがあります。M&Aは、スピードと正確性、そして粘り強さが、成功のカギとなりますが、ソリューションパートナーズはそのいずれも備えていますね。
(GT東京法律事務所)
これまで、一般事業会社や医療法人のM&Aプロジェクトにて連携してきました。ソリューションパートナーズは、法律的視点を超えた戦略的思考があり、売手にとっても買手にとっても、スキームやアイデアの選択肢が広がると思います。また、プレゼン能力も高いので、高い成約率になっているのだと思います。現在は、クロスボーダーの案件も取り扱い始めていますので、当事務所が関与する事案も増えると思いますので、楽しみです。
 
(三輪税理士事務所)
M&Aの業務に関わる場合、まさに税務・財務会計の知識が必要になります。ソリューションパートナーズは、職業的専門家である税理士、会計士から随時意見を聞きながら案件を進めていますが、アドバイザリーの方々自身がいずれも深い分析力と洞察力をもっています。細かい会計データの整合性も随時チェックしていますので、案件としてのリスクも低減されていると思います。
(税理士法人AFEXS)
石垣社長とは、かれこれ20年来のお付き合いで、大手外資系企業での監査や、医療機関のM&Aなどで協力させていただきました。M&Aのアドバイザリー業務は、まさに彼の天職で、質の高いサービスと行動力にはいつも驚かされます。私の事務所は、一般企業向けはもちろん、医療機関向けの税務・会計サービスも得意としており、今後もソリューションパートナーズ社との連携で、事業の承継と成長に貢献していきたいと考えています。
 
 
 

累計ご支援案件数:1,622件
(2020年上期終了時)
当社では累計支援数を毎年公開し、M&Aサービスクオリティの指標としております。
9月
10月
11月
メールお問い合わせ
29
32
26
電話お問い合わせ
6
4
4
ご紹介
3
2
4
2020/04/13 
【解説】新型コロナウィルス感染症に関する中小企業・小規模事業者向けの緊急経済対策
2020/04/10 
コロナ禍にて経営の困難に直面する事業者向けに、 M&A関連サービスの無料提供を開始
2019/09/12 
中小企業庁の事業継承ガイドラインに解説追加
2019/08/23 
「よくある質問」に解説追加
2019/01/04 
中小企業庁の事業継承ガイドラインに解説追加
2018/11/21 
中小企業庁の事業継承ガイドラインに解説追加
2018/11/13 
中小企業庁の事業継承ガイドラインに解説追加
2018/11/09 
空調・衛生設備工事会社の企業評価とM&Aコラム追加
2018/11/06 
中小企業庁の事業継承ガイドラインに解説追加
2018/11/05 
不動産事業会社における企業価値評価とM&Aコラム追加
2018/08/06 
中小企業庁の事業継承ガイドラインに解説追加
2018/07/30 
中小企業庁の事業継承ガイドラインに解説追加
2018/07/15 
中小企業庁の事業継承ガイドラインに解説追加
2018/06/04 
中小企業庁の事業継承ガイドラインを開設しました
2017/09/11 
朝日生命「朝日ビジネスクラブ」に取り上げられました。
2017/08/01 
コラム「人材派遣業の事業継承やM&A動向」を追加。
2017/06/27 
コラム「不動産取引行の事業継承やM&A動向」を追加。
2017/06/20 
コラム「M&Aの利益相反について」を追加。
2017/06/14 
コラム「M&Aプロジェクトの情報漏洩」を追加。
2017/05/22 
コラム「事業再生におけるM&A」を追加。
2017/04/10 
コラム「M&Aの種類、株式交換」を追加。
2017/04/07 
コラム「会社を高く売るには」を追加。
2017/03/27 
コラム「投資ファンドによるM&A」を追加。
2017/03/25 
コラム「M&Aにおける士業の役割」を追加。
2017/01/30 
町山三郎税理士より推薦コメントを頂きました。
2017/01/12 
THE BRIDGEに弊社人事が取り上げられました
2017/01/12 
フジサンケイに弊社人事が取り上げられました
2017/01/12 
CIO最高情報責任者に長山衛が就任
2017/01/11 
弊社M&Aニュース公開
2017/01/01 
弊社M&Aコラム公開
2016/12/28 
公式フェイスブックページ公開
2016/12/28 
弊社サイトリニューアル
弊社代表のビジョン、理念を紹介致します。
 


 
企業譲渡、事業継承、会社売却
幹細胞による再生医療査普及活動を行っております。
 
 

私共は他社のように着手金で収益を上げようと思いません。 あくまで着手金ゼロ。完全成功報酬としています。
この事はM&A(エムアンドエー)における会社売却、事業売却への本気度を示します。

背景には企業財務、法務、労務、業務、コンプライアンス等、コンサルティング全てに高い知見が求められますが、そのサービスクオリティが高い成功率を生み出し、良質なスパイラルを基盤としたM&A支援が可能となっております。

私共は自らを「FA Maestro」と称し、業界促進のためにサービスを提供しております。

 
 

 




  一部のM&Aアドバイザリー会社では、仲介者やブローカーなどを介した情報収集提供活動、メール等で案件概要を広範囲にばらまく営業活動など、機密保守意識の低い行動が散見されます。これら不用意な行動は、案件概要が匿名といえども推測に基づく情報漏洩や、これに伴う企業価値の低下を引き起こす可能性があります。実際、そのような結果、私達の元にはセカンドオピニオンの依頼を受けるケースが非常に多くなっております。M&Aアドバイザー選びは、初期相談時の慎重な判断をお勧めいたします。